FC2ブログ

新日本建設と行政から市民の環境を守る戦い

無茶な建造物を作り、営利目的のためだけの事業を行う このまま事業を進めれば間違いなく大きな事故や渋滞に繋がります。 それが分っていながら【金の為だけ】に市民の危険を無視して建てる業者と容認する行政。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<マンション>在庫重く3割引きも……大量売れ残りの現場で何が起きているのか



■契約率は急落

 好調だったマンションの売れ行きが鈍ったのは昨年後半。不動産経済研究所によると首都圏のマンションの契約率は昨年1~6月は平均75%だったが、今年1月に52%に急落した。買い手がつかない在庫は昨年末、5年ぶりに1万戸を突破。その後も減っていない。あるマンション業者は「販売が長期化すれば、借入金の金利払いや広告費、人件費などの負担は雪だるま式に増える。値引きしてでも在庫を減らすしかない」と明かす。

 東京都東村山市の私鉄駅から徒歩10分。全戸数406戸の大規模マンションは昨年7月に販売を開始したが、今年1月、当初3098万円の物件を約25%値引きし、2320万円で売り出した。旧価格にバツ印をつけ、新価格を記したチラシを配る徹底ぶり。「値引きは個別にこっそりやる」のが常識の業界では異例だ。

 ■購入層は様子見

 売れ残り増を見越したビジネスも活発化する。不動産仲介の新都心リアルコーポレーション(東京都渋谷区)は4月、売れ残った新築マンションを投資ファンドと共同で安くまとめ買いして、元の売値よりも1~3割引きで再販売するビジネスを始めた。

 不動産情報会社「東京カンテイ」の中山登志朗上席主任研究員は「売れ残りを半値程度で処分するマンション業者も多い」と話す。「購入層の中心である30歳代前半が、様子見になっている。1年は価格調整が続く」ともう一段の値下がりを予想する。



『エムブランド八千代緑が丘』
ここは最悪の危険な公害マンションであるが買う人間が居るのか

中古になれば数年後に高津団地450万からと、逆転してもおかしくない
スポンサーサイト
  1. 2008/05/20(火) 04:00:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『エム・ブランド八千代緑が丘』 同じ長谷工物件売主倒産 | ホーム | 安くて 子育てしやすい戸建てがたくさんある街>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kankyomamoru.blog123.fc2.com/tb.php/43-58d868c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エクセレントプレイス八千代緑ヶ丘問題から良い環境を守る

Author:エクセレントプレイス八千代緑ヶ丘問題から良い環境を守る
みんなで環境を守ろう!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。